賃貸物件の騒音問題について

賃貸物件を選ぶときに気を付けるポイントがいくつかありますが、騒音がそのひとつになります。上の階の足音や両隣の生活音などが嫌な方は、物件を借りる前に内覧をして確認しておいた方が良いです。内覧は住民がいる時間帯に行くことがベストなので、夜に行くと良いです。賃貸マンションの場合は、分譲タイプの物件を選ぶと良いです。分譲タイプは、鉄骨鉄筋コンクリート造りが多く、しっかりしていて防音性があって騒音が聞こえないです。二重サッシがある物件や最上階の部屋を選んだり、角部屋にしたりすると生活音などが軽減されます。

学生

騒音トラブルを避けるために

賃貸物件で騒音トラブルを避けるには、物件の構造に注意するだけでなく、何度も物件を見に行くことが重要になります。平日・休日・昼か夜かなどによって周辺環境は変化するため、「休日の昼間だけ」に下見に行った場合、その時点のことしか把握できず、不十分です。特に賃貸物件がアパートやマンションなどである場合、隣接・上下からの騒音が問題となります。しかし、既に入居者がいる状態であるため、下見の回数を増やし、周辺住人が在宅している時の状況を見ることでトラブルを未然に回避することができます。そのため、時間が取れなくてもできるだけ多く下見をする必要があります。

賃貸物件に関する情報

新着情報

© 賃貸は騒音に気をつけて. All rights reserved.